修練の幕開け

Change log
9sako6
9sako6
9sako6
9sako6

先日、ググれる時代だけど覚えることは重要という記事にて、

脊髄反射でプログラミングできるように大量にコードを書けと自戒しながら終わります。

と書きました。あれから、大量にコードを書く方法について考えていました。たどり着いたのはキーボードです。

当然ながら、速く入力できるほど大量にコードを書くことができます。 しかしながら、私のタイピングは非効率でした。 矢印やバックスペース、記号を押すために何度もホームポジションから外れていたのです。

とはいえ、これはチャンスであります。効率的なタイピングをマスターすれば、より大量にコードを書くことができます。 キー配列をいじって QWERTY 配列より効率的な配列を使っちゃったりすれば、さらなる加速も夢ではありません。

効率的なタイピングのために必要なのは優秀なキーボードです。早速手に入れました。

Corne Cherry V3

キースイッチを交換できる点と、コンパクトさに惹かれて Corne Cherry V3 を買って作りました。 キースイッチは Gateron Silent Yellow を使っています。静音です。

本来 LED はもっと光るのですが、はんだ付けが下手くそだったので半分ほど失敗して光ってないです。 LED の色やアニメーションはキー操作で変えることができます。

Corne Cherry V3

かっこいいですね。 かっこいいのですが、今のところはただタイピング速度・精度の劣化を得ています。

比較のために、今まで使っていた MacBook のキーボードと自作キーボードで寿司打をしました。 もともとは5.5タイプ/秒だったのですが、自作キーボードで打った場合は3.9タイプ/秒まで劣化しました。

寿司打

冒頭の話に戻ります。そもそもなぜ私はコーディングスキルを高めたいのでしょうか。 それは、かっこよくなりたいからです。スーパープログラマはかっこいいです。 ところで、俺の使ってるキーボードかっこいいですね。そんなキーボードを使っている俺もかっこよく見えてきました。 キーボードさえかっこよければプログラミングなんてできなくてもよかったんですね。

0
2020-Present 9sako6